どれがいいの?美白有効成分の違いとは?

どれがいいの?美白有効成分の違いとは?

ドラッグストアに行ったり、美容雑誌を読んでいると、美白効果をうたった商品が数多く目に入ってきます。

 

 

そして同時に、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタなどなど、
美白に効果のあると言われている成分の名前も多く耳にします。

 

ひとくちに美白と言っても、効果のある成分は様々でその役割も多々あります。
うまく使えば、さらに効果をアップさせることも夢ではないと思います。

 

まず、ビタミンCには、メラニンの生成を抑制し、すでに作られてしまったしみの元であるメラニンを還元することで、
肌のターンオーバーを整えるという作用があります。

 

つまり、すでに出来てしまったシミを薄くするなどの直接的効果はなく、
将来のシミを作らせないために有効な成分です。

 

その一方、肌のターンオーバー自体を整え、肌が新しく生まれるのを助ける効果もあるため、
非常に長い目で見れば、シミが薄くなる効果も期待できるかも知れません。

 

次に、アルブチンには、メラニンが黒くなる原因である、チロシナーゼという酵素の生成を抑えて、
メラニンが黒色化することを防ぐ働きがあります。

 

つまりこちらもビタミンCと同様に、過去のシミではなく、将来のシミを作らせない効果のある美白成分です。
なお、こちらのアルブチンは、ビタミンCと一緒に使うことでお互いの効果を高めるとされているので、
同時使いもオススメです。

 

そして、プラセンタについては、

 

メラニン色素の生産に関わる、チロシナーゼという物質の働きを抑える効果があります。
また、抗炎症作用や活性酸素を除去させる効果もあるため、それによりメラニン色素の生産を抑制することができます。

 

加えて、先ほどのビタミンCと同様に、肌のターンオーバーを整える作用もありますので、
こちらに関しても、非常に長い目で見れば、シミが薄くなる効果も期待できるかも知れません。

 

 

他にも美白有効成分といわれるものには、
ハイドロキノン、m−トラネキサム酸など、数多くの種類があります。

 

自分に1番合うものを見つけて根気よく使用することが、美白への近道です。